SponsoredLink

カラオケ辞典、用語など

カラオケボックスは独立性の高い空間であり仲間が集まってカラオケを楽しめる娯楽施設である。

通信カラオケ中心にテーブルとソファを置いたシンプルな個室(定員数人から50人)がある。

大音響で歌うので防音性が高い。

特徴は唄っているところを外から見られない安心感がある。

性犯罪の舞台となる問題も指摘されている。

料金は利用人数と時間帯に応じて請求される。

通信カラオケは専用回線(ADSL、光ファイバーケーブルなど)電話回線を利用して専用のサーバーから楽曲などを配信し演奏するカラオケシステムと機器である。

HIDIデータによる配信である。

カラオケ上達法はボイストレーニングにより声のコントロールの仕方を学ぶことである。

正しい発声法をボイストレーニングで学び、自分の声をコントロールして表現すれば上達する。

好きなアーティストや上手なアーティストの歌い方を研究し知識や技を身につけるのが一つの方法。

声量、リズム感の良さ、声域の広さ、表現力を学ぶことである。

マイクをうまく使うのも方法である。

自分の声に太さを出したい時は口元近くで歌い、大きな声で歌うサビはマイクから少し離して歌うと幅が出て歌とカラオケのバランスがよくなる。

カラオケのコツはマイクと口は合わせるようにはっきり声が聞こえるように歌うことである。

マイクと口が垂直になるように歌うと声を拾うようになり高得点になる。

歌うキーは自分で歌いやすいキーにあわせてうたうことである。

選曲が大切である。阪神ファンなら六甲おろしなど歌うと場が盛り上がる。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/119870362
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。