SponsoredLink

カラオケの効能

高齢化社会になると年齢による運動不足や血糖値、血圧等体に負担がかかってきます。

健康食品、健康器具、スポーツなど長続きはしません。

健康と向かいあえるものとしてカラオケは効能があります。

ブレスは歌を歌う基本であり息を吸うことから始まる。

歌のどの部分でブレスするかで体内酸素の摂取を多く歌うことが大きな健康への一歩である。

歌うには「腹で歌う」という。

複式呼吸は胸での胸式呼吸と違い全身の筋肉を使っての呼吸で酸素の補給と共に燃焼効果を期待できる。

燃焼すると血液の流れも良くなるので体が火照り健康にいいです。

カラオケをやれば地域やサークルなどの環境での社交性の向上がある。協調性も磨ける。

カラオケは歌い方しだいで脳の活性化がはかれる。

オペラ歌手の藤原義枝さんや田谷力三さんは長寿で高齢でも頭がはっきりして歌われていました。

複式呼吸により腸や内臓を刺激し、内分泌機能が高められる。

血管が拡張し血流を増大させ酸素が多く取り込まれ脳が活性化します。

カラオケは楽しくかつ有効な音楽療法の一つである。

ストレス社会である現代、心と体が疲れて病んでいる。

心身を癒すには音楽が最も適している。大きく深い呼吸で自分に酔いしれ、スポットライトを浴びストレスが発散するのである。

カラオケ喫茶やカラオケboxで競いあいカラオケで高得点をとり、プラスにもっていくのである。

カラオケ大会で入賞目的に自分のストレスを発散するケースも多い。

歌うことで物忘れや認知症の予防になる。

カラオケ歌詞の内容から情景をイメージすることで脳が刺激され、顔のツヤや見た目が若くなり女性は肌が潤う利点もある。

女性ホルモンも促進されて頭髪の退行、薄毛の進行を抑えることもある。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。